スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第644話 20個まであと4個

朝、窓を開けたら燕軍団がいました
CIMG0317_convert_20120627194934.jpg
写真に写ってない範囲にもいます

庭にはお隣のにゃんこさん
CIMG0316_convert_20120627195304.jpg
眠そうでした

そんな動物軍団と別れて今日は夕方に街に
CIMG0318_convert_20120627195416.jpg
!?
ダイビングチャビーが売ってるだと!?
たまーに行く店なのですが倉庫にでも眠っていたのでしょうか?
もちろん2個とも購入

これで16個になりました
CIMG0319_convert_20120627195530.jpg
釣れるルアーはいくらあっても困らないですしね
スポンサーサイト

第643話 覚悟しろよ!この蟲野郎!!!

注意 -Caution-
今回は少々バイオレンスな表現が含まれます

OK?


さっき風呂に入ろうとしたら「大抵の生物が平気な僕でも苦手な蟲」にエンカウントしました

そう

ムカデ

じめじめした所を好むので風呂での遭遇率が高いです
タオルの中とかも注意←ここテストに出すので覚えておくように

本日エンカウントした奴は中々に大きく12~13cmといったところ
針に付けて投げればバスが釣れたでしょうきっと

これがクモとかなら見て見ぬ振りをしてあげるのですが、ムカデとなれば話は別で
「確実にブチ○します」←表現がバイオレンスなので自主規制

ムカデという奴は中々厄介で
「素早い」「叩いたくらいじゃビクともしないタフネス設計」「人間様にも大打撃な毒」「不気味なルックス」
っと三拍子も四拍子も揃った強敵ぶりもう攻撃力のある「はぐれメタル」かと・・・

ちなみによく「つがいで行動する」と言われますが
繁殖の時位しかつがいでいることはありません
ただその場所が「ムカデにとっていい場所なので何匹かいたりすることがある」だけです

そんな相手なのですが対抗する手段を「彼」が教えてくれました
CIMG0311_convert_20120624224536.jpg
サソリさんです
コイツは平気です
かっこいいです

そう「ハサミで動きを封じて毒針でトドメを刺す」
この戦法で行きます

っと大それたことを書きましたが
実際には「何かで捕まえて何かしらの方法でトドメを刺す」だけです

まずは「サソリのハサミ」を用意
CIMG0313_convert_20120624225259.jpg
釣り用のプライヤーが適任でしょう
ちなみに割り箸はお勧めできません奴らは結構な力があります

こいつでムカデの首根っこを掴んで捕獲します
これでいくらもがこうが自慢の毒牙も役に立ちません

後はトドメの一撃
普段ならガスコンロで炭にするなどの方法をとるのですが・・・
今回は家族が買ってきたコレの威力を検証します
CIMG0310_convert_20120624225811.jpg
ムカデにも効くという殺虫剤
ちなみにクモにも効くと書いてありますがそもそもクモは殺虫剤に超弱いです
はっきり言って僕はあまり信用していません
過去に殺虫剤を試しても結構耐えていたので

検証
まずは捕まえたムカデを空になったお茶のペットボトルにチャージ・イン!
これでもうペットボトルを倒さない限り脱出は不可能です
もう一度言う、不可能だ

そして、殺虫剤を「シュッ!」っと一吹き
「21世紀の武器を喰らいやがれ!!!」

待つこと1~2分
・・・
・・・・・
・・・・・・・「へんじがないただのしかばねのようだ」

効いた!
殺虫剤が効いた!!!
驚きましたさすが「ムカデにも効く」と書いてあるだけのことはあります!

ただ「ペットボトルの中」という逃げられない密室で使ったので通常よりよく効いたのかもしれません
やはり普段は焼くなどの確実な手段をとりたい所です

しかし、狭い隙間などに逃げられてしまった時などの攻撃手段としてはいいのではないかと感じました
皆様もムカデの襲撃に備えて長めのプライヤー等を用意しておくことをお勧めします

第642話 増えた理由→それは・・・カッコいいからだ!!!

我が家で「ザリガニ」達が異常繁殖しています
国産から外国産まで幅広く生息しています
CIMG0306_convert_20120617214303.jpg
・・・
・・・・・
・・・・・・・ま、いっか

第641話 ターゲットはバス、48cm、背は黒、筋肉モリモリマッチョマンの大型だ

雨上がりのバス釣りに行ってきました

ポイントは上級ボーガー御用達の「ボーグ池」
濁りが強そうなので使用ルアーは存在感があるコレです
CIMG0303_convert_20120613183626.jpg
巨大ラバージグ「ゼロワンストロング」
トレーラーは「スーパーチャンク」です


また濁りの中でも存在感を出すために
CIMG0304_convert_20120613183732.jpg
「ツインラトル」を装着しています
これでラバージグでありながら「音」でもアピール出来ます

ポイントに着いて感じたことは思ったほど水が濁ってないこと
でもココは大型のSA☆KA☆NAが多いのでゼロワンストロングで攻めてみます

早速アシを撃っていきます・・・反応は特にありません
が、大型のバスを発見!
着水で逃げられました・・・頭いいな・・・

っとその数分後に流れ込みを「~~~」って感じにスイミングさせたら
CIMG0301_convert_20120613183704.jpg
キタァァァァァァァァァァァ!!!!!
でっかいSA☆KA☆NA!!!
久しぶりの大物にして今年一番の大物です
興奮して尾が少し写ってないし・・・←家で写真見て気付いた

大きさもさることながらバイトの瞬間が見えたことと「ゼロワンストロング」で釣ったこととで凄まじい楽しさでした

その後は40弱くらいの見えバスを2匹見ただけで終了
1匹でもこれなら納得です



使用タックル

ロッド:ザ・ストラテジー ツアラー STC-67PT

リール:ジリオン100SH

ライン:SHアップグレード 14lb

ルアー:ゼロワンストロング(11g) + ツインラトル + スーパーチャンク

第640話 ビーバー?ザリガニ?

気になってたワームを買ってみました
CIMG0300_convert_20120612193155.jpg
スイートビーバーです
少し重めのテキサスでカバー撃ちに使いたいです
カラーが異常に多いのが印象に残ってます

とりあえずいつものボーグ池で使ってみます

第639話 コマンドー・シュベさんのフロッグ講座 その1

注意 -Caution-
今回の日記は「勝手な思い込み」「謎理論」「コマンドー要素」「ロイド安藤」が含まれる可能性がございます
また、「その1」となっておりますが「その2」を書くかは未定です
そういったもので気分を害される方は大人しくブラウザの「戻る」をクリックして下さい

OK?




らしくない前フリを書いたところで、今日は僕の大好きなフロッグについて話してみたいと思います

皆さんご存知のフロッグ
CIMG0295_convert_20120605212518.jpg
バスのカバーフィッシングやライギョ釣りでお馴染みですね
このブログを読んでくれている上級ボーガーやコマンドー部隊方々には今更使い方とかを書く必要はありませんね

とはいえただのカカシフロッグをあまり使ったことの無い方がいるかもしれないので念のため書くと・・・

ロッド→ヘビーカバー用の硬い奴
リール→頑丈な奴
ライン→50lb以上のPE

そして

オモイオモイノチューニングヲシテカバーニナゲコミマ~ス

OK?


浮くのにカバーに放り込めるという素敵なルアーなのですが・・・
僕、最近思うんですよ・・・


フロッグってバス釣りに向いてないんじゃね?って


もちろん優れたルアーだとは思いますし釣ってもいます
では何故そう思うのかというと

フロッグって噛まれて潰れることでフックがむき出しになりますよね
CIMG0298_convert_20120605212551.jpg
こんな感じ

これが理由です

「何で?」って?

バスがエサを食べるのを見てると
「吸い込んで丸呑み」

ライギョとかは「噛んで捕まえてから飲み込む」
口の構造をみてもライギョとかナマズって「噛み付く口」って感じがします

口の大きさも同じ大きさのSA☆KA☆NAならバスが一番大きいです

もちろんライギョやナマズも「吸い込み」もするでしょうし、バスも「噛まない」なんてことは無いと思います


あ~なんて言うかこう・・・「噛み付き」と「吸い込み」の割合?

「吸い込み」重視のバスには上手いことフックがむき出しになってない気がします
対して「噛み付き」重視のライギョにはいい感じにフックが出る

こんな感じだと思います

そんなこんなでタダでさえフッキングのよろしくないフロッグですがバスにはさらにフッキングが悪くなるような気がします
特にダブルフックのフロッグはシングルフックの物に比べて悪い気がします



まぁ、僕が何を一番言いたいかって言うと


「まったく、フロッグは最高だぜ!!」

第638話 何処で釣り方を習った!? → 入門書を読んだのよ!

今日は昼過ぎに短時間ですが集中豪雨が降りました

っで、釣れるんじゃね?と思って夕方に少しだけ雷魚釣りに

ロッドはマグナムハスキー69SH、ルアーは先日と同じくライギョデントス1個のみというかコレしか雷魚用のフロッグを持ってない・・・

到着すると前回よりさらに勢力を増したヒシモが出迎えてくれます
というか増えすぎです

まずは岸沿いからスタート
ヒシの薄めの所を狙いますが、狙ったポイントを何事も無く通過
次に行こうと思って早巻きで回収したらまさかの足元で派手なバイト!
が、ヒシが厚く乗りません・・・

仕方ないので次はアシの際をトレース・・・
何投目かで
CIMG0292_convert_20120601195157.jpg
ライギョデントスを丸呑みにされました
57cmと小さいですがヒシとアシのカバーから引っ張り出したSA☆KA☆NAなので色が濃くて綺麗です
いやもうドッキドキでした

この子を「放してやった」後は少し離れた所でワンバイトありましたがブレードしか食ってなかったようでフッキングにいたらず
本日は池一周で3バイト1キャッチでした
カバーの釣りは楽しいですね
プロフィール

房総のザリガニ使い 山本啓介

Author:房総のザリガニ使い 山本啓介
ようこそ!


好きなもの・こと

釣り
海外製の変わったワーム
ザリガニ
アニメ・ゲーム
コマンドー
プレデター
魚介類
日本酒
バーボン


嫌いなもの・こと

口だけは達者なトーシロ
自分ばかり楽することを考える屑
負けること
漬物
ホラー


好きな著名人(敬称略)

川村光大郎
沢城みゆき
新谷良子
後藤沙緒里


使用タックル


ロッド

ザ・ストラテジー ツアラー V-spec TVC-65M/HG

ザ・ストラテジー ツアラー V-spec TVC-65ML

ザ・ストラテジー ツアラー STC-67PT(4本)

ザ・ストラテジー ツアラー STC-63TX

ザ・ストラテジー ツアラー STC-60FML

ザ・ストラテジー ツアラー STS-60LR

ザ・ストラテジー ツアラー STS-510 DS/FS

ザ・ストラテジー SCT-64FM

鯰人 NAZ-66M

スーパーストライク SS-60GM

マグナムハスキー MH-69SH

ブローショットボロン サーフェッサー BSB-103SF

ブローショットボロン タイドウェイディング BSB-92TW

ベイライナーメタル RF BLM-P70UML/RF

ベイライナーCF BL-68L/CF

ウインズオリジナルエリアロッド オールソリッドカーボン タイプⅡ


リール(ベイト)

SS AIR

カルカッタコンクエスト100HG

13メタニウムXG

メタニウムMGL HG

15アルデバラン50HG

12アンタレスHG

ストリームライト(310KC)


リール(スピニング)

イグジスト2004

14エクスファイヤ3012H

10ステラC2500HGS

月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。